配電工事で地域の電力を
安定供給する

配電線工事

周桑電機工業所の主要事業は、配電工事です。
架空配電線工事とも呼ばれ、
配電線とは発電所で作られた
送電線の変電所を経由した電気を
電信柱につなげられた
家庭やオフィスに届ける電線のことを指します。

配電線には、高圧線(6,600ボルト)と
低圧線(200ボルト、100ボルト)があり、
高圧線の電気は柱上変圧器によって
電圧を下げられ低圧線に流されます。

そして、高圧線や低圧線から、
各家庭やオフィスに電気を届ける線を
引き込み線と呼びます。

配電工事の種類

外線工事

外線工事は発変電所から
電柱・変圧器までの電線を架けたり、
その地域の状況に応じて電柱を建てたりします。

また、電気契約の容量に合わせた
変圧器を設置するなど、
「電気」を必要とする施設の側まで
「電気の通り道」を繋ぎます。

IMG_6589

引込線工事

引込線工事は、
電柱に吊り下げられている変圧器と
建物とを繋ぐ「電気の通り道」を作ります。

建物で使う電気の容量が増えると、
容量に適した電線サイズへ変更したり、
電線が劣化してくると事故を防ぐために
新たな電線へ張り替えたりします。

IMG_0111
IMG_0552

建柱工事(抜柱工事)

電柱は、電気の通り道である電線を支えています。
外線工事、引込線工事に先立ち
行われるのが建柱工事です。

新しい建物への電気を供給するための電柱だけでなく、
古くなってきた電柱の取替や、
自然災害、交通事故などの
破損による取替に対応しています。

IMG_5323

配電設備の保守

電気を安全に安定してお届けするため、
保守工事も欠かせない作業です。

電線に架かりそうな樹木の枝剪定工事、
建設現場での感電防止のための
建設工事用防護管の取付け取外し工事、
電力量計の取付取り外し工事、
電柱を取り替えた周りの舗装工事なども行っています。

画像のように、山中では
樹木の伐採なども手掛けます。

保守作業

高圧受電設備工事

高圧受電設備(高圧配電盤)とは、
火力・水力・原子力・太陽光発電所を持つ
電力会社などから供給された電力を、
需要宅の負荷設備の仕様に合った
電圧・周波数に変換し、その電力を
安全・安定的に供給することを目的に
設置される設備のことを言います。

工場やビルなどの需要宅は、
照明や空調関連の電力はもちろんのこと、
工場ラインの機器・情報通信機器・給排水などにも
電力を使用しているので、高圧受電設備には
特に安定的な稼動が求められます。

昨今は省エネルギーがかまびすしく叫ばれていますが、
電力への依存度はますます高くなる傾向にあります。
そのような中で高圧受電設備に関しても、
メンテナンス性の高さと工期短縮、
省スペースを求められることから、
昨今は開放形の高圧受電設備よりも
キュービクル式受電設備の需要が高まっています。

2fe03a35e703f07496102ec7d26fcf83_m

高圧配電盤に求められるポイント

高圧配電盤を設計するにあたっては、
安定的な電力供給ということに加え、
下記のような視点から最適な機器の選定を
行う必要があります。

IMG_3557

①信頼性・安全性

この項目は高圧配電盤にとって必要不可欠なものです。
長期にわたって使用される高圧配電盤は、
計画・設計時から使用環境に耐えうる
高品質・高信頼性の機器を
予め選択しておく必要があります。

また、万が一の事故、例えば短絡・地絡などの
事故が発生した際にも影響を最小限に留めるような
対策を行なう必要があることは言うまでもありません。

特に高電圧を扱うと
人命に関わる事故に繋がる可能性も高く、
そうした部分は人間が容易に触れる事ができないよう
構造的な対策を採る、といったことも必要です。

IMG_5541

②運用・保守性

メンテナンスを行うにあたっては、
それに必要なスペースを
十分確保することが求められますが、
一方で省スペースに収めなければならないという
ニーズも存在します。

これを両立させるために計画・設計段階から
これらを織り込んでおく必要があります。
特にキュービクル式高圧配電盤においては、
開放形高圧配電盤よりも
メンテナンススペースの面においては
劣る部分がありますが、メンテナンス性を考慮した
機器の配置、あるいは盤面の構成を行うことで
省スペースをメンテナンス性の高さを
同時に実現することが可能となります。

高圧受電設備
高圧受電設備工事

③将来計画

高圧配電盤はもちろん必要とされる
電力の容量に応じて計画・設計されますが、
今後需要が増加することが見込まれる、
あるいはその可能性が高い場合は、
あらかじめ拡張性をもった上で
設備を用意しておくことが重要です。

キュービクル式高圧配電盤は
必要な機器が箱に内蔵されているため
拡張性が低いように思われますが、
需要増加に対応すべく
あらかじめ機器を搭載する
スペースを確保することはもちろん可能です。

なお、開放形高圧配電盤は
拡張性が高いものとなりますが、
やはりこの開放形において
設置スペースが無限にあるわけではなく、
計画性のない拡張はコスト増大にも繋がりますので
考えうる範囲で将来の増設や更新が
容易にできるようにしておくべきです。

④環境配慮・高調波対策

高圧配電盤には
騒音や振動を発生する機器も存在するので、
周囲環境を考慮した上で
防音などの対策を講じる必要があります。

また、状況によっては
インバータ等から発生する高調波についても、

「高圧又は特別高圧で受電する需要家の
高調波抑制対策ガイドライン」
(平成6年10月3日 6資公部第379号)

に基づいて対策を講じる必要があります。

⑤経済性

高圧配電盤は安全性・信頼性が高いことが
要求されることは言うまではありませんが、
同時に経済性・コスト面も重視されます。

経済性は大きくイニシャルコストと
ランニングコストに分けられますが、
イニシャルコストについては機器の購入価格の他、
設置費用・配線の引き込み等工事による
人工代などが発生するので、
経済性を測定する場合は、
単に機器の購入価格で比較するのではなく、
設置費用やランニングコストも考慮し、
長期稼動を前提として最適な方式の
高圧配電盤を選定する必要があります。